めちゃくちゃ苦しいから音楽聴きながらドラッグストアで買ったスーパー袋を無心でコンパクトに折ったりワンピースの裾上げしたり崩壊3rdで古の楽園をやって過ごそう……ニヒリズムあとちょっとで倒せん!!

投稿済 カテゴリー: diary

爆弾低気圧でぶっ倒れて元気なかったからおいしい牛肉買って焼いてごはんたくさん食べたらめちゃくちゃ元気出てきた

肉とごはんの力すごい

投稿済 カテゴリー: diary

実家関連のストレスでメンタルと体調を崩して寝込んでた

夫がワクチン2回目を打ってしんどそうだったけど、私も同じぐらいしんどくて一緒に寝込んでてあまり看病できなかった 氷嚢つくるぐらいしかできん

夫もびっくりしていたが、まじで親関連ストレスってしんどめのワクチン副反応並みのストレスくらうんやな 私まだ何も打っとらんのに

そんでなんかもう全部に腹が立ってきて、なんなんやコロナとかマスクとかワクチンとか全部うざいわ、あと私はとくべつ反ワクチンじゃないけど精神的ストレスからの体調も悪くなる現象がランダムに起きるからなんかワクチン打てんわすべてが不安定すぎてと思った 元気な2ヶ月間とかない

きょうは低気圧しんどいし睡眠不足で疲れてるのに眠れない もう朝の5時

精神的に危なかったからひたすら崩壊3rdの古の楽園やってた 両手が痛い

とりあえずシャワーを浴びた 寝るか(寝たくない) 心がふたつある〜

投稿済 カテゴリー: diary

脱カーディガンに成功した。2年経った。全然カーディガン着てない(冬の防寒用としての部屋着を除く)。

私はカーディガン大好き人間で、中学生の頃からセーラー服にカーディガンだったし、ワンピースが大好きなのでカーディガン+ワンピーススタイルを長年やっていた。(今でもワンピースしか着ない)あと自傷癖の傷跡隠しもあって夏でも長袖カーディガンを着ていた。カーディガンの色とワンピースの色をコーディネートするのも楽しかった。

しかし2年前に突如限界が来た。カーディガンに疲れた。カーディガンめんどくさい。消耗品だから定期的に買い換えないといけないけど、ベーシックなカーディガンって無印良品かユニクロぐらいしかない。しかも鞄で擦れたりして毛玉できる。あと暑い。夏はリネンのカーディガンを着ていたがクソ暑猛暑、暑い。

そこでいきなり脱カーディガンしようと決意した。季節や気温や湿度に合わせて主役は半袖〜長袖ワンピース。アウターはショートジャケットか裏地のないジャケットみたいな軽いコート、真冬はカシミヤのコート。

それからはワンピースの袖丈をより強く意識するようになった。あと日焼け止めをがんがん腕に塗るようにした。(強い日差しを浴びると日光湿疹が出るので)元々さしていたが日傘もさらに活用。

結果、めちゃくちゃ楽!!!! もうカーディガンのスレや毛玉気にしなくていい! あと基本暑がりだからワンピースの生地や袖丈で調節して割と長いことワンピース1枚で過ごせる!! 楽!! 冷房寒いかな問題はコンパクトに畳めるストールあれば大丈夫。まあそれも暑がりだから滅多にいらない。

ワンピースの生地にショルダーバッグの紐が直接当たるけど生地のスレや色移り大丈夫かなと気をつける時もあるけどそれもまあ大丈夫。

もともとコーディネートそんな悩んでなかったけど、着映えする華やかなワンピースさえ選べばいいのでコーディネート悩まない。めっちゃワンピース人間。あとは靴下やタイツ、バッグや靴の色、アクセサリーや腕時計を選べば完成。楽!!!

カーディガン、世話になったな。さらばや。

投稿済 カテゴリー: diary

パーソナルカラーの存在は 2ch の化粧板で15年ぐらい前に知って、自己診断したけど黒髪黒い服に濃い色の化粧が似合うのでこれはブルベ冬やろ……と早めに確信していた。あきらかに冬向けのアイシャドウやリップがめちゃくちゃ映える。そんで茶髪似合わない。淡い色や秋色暖色も似合わない。あと濁った色が苦手な傾向ある。

骨格診断の存在はここ2年ぐらいで意識するようになり、もう迷うことすらない見事な骨格ストレート体型なことをこれも確信。ワコールの試着室で裸に近い自分を三面鏡で見てあまりのストレートさに震えたし、小学校高学年から自分の体型に悩み始めて特に中学生の時にセーラー服着た感じがなんか変……と悩んでいた理由がはっきりわかってすっきりした。ストレスで痩せたときもなんかふっくらしていた理由もわかった。基本的に西洋の裸婦画みたいな体型をしている。

で、ここ1年ぐらいで強く意識し出したのが顔タイプ診断。自分の顔を定規で測ったり正面の写真撮ったり色々して自己診断。何回やってもエレガントになる。たしかに大きい柄物とか派手な色とか大きいサングラスが似合う。柄やアイテムに負けない。

これは最近知ったけど、優先順位的には顔タイプがいちばんらしい。次にパーソナルカラー、最後に骨格診断。

とにかく服の失敗が減るので意識するとめちゃくちゃ無駄遣い防止になる。10代〜20代前半は多少外れた色や形の服も若さで着ていたがいまは違う。自分に合ったもののなかで気に入ったものを選んでいる。

骨格診断と顔タイプは長いこと知らないまま服やメイクを試行錯誤してきたけど、なんか変、なんか似合わない、こっちが好きだし似合うな、と試してきたものが結果的には合ってた。自分の好みと自分に似合うものが年々一致してきてとても楽しい。すべて自己診断なので一度プロに見てもらったほうが答え合わせできるかもしれないけど、いままでも自分で試行錯誤してきたからまあいいかな、と思う。

エレガント×ブルベ冬×ストレートなので派手派手でつよつよで華美な感じで生きる。

投稿済 カテゴリー: diary

ちょっと前に百貨店に夫と2人で行って紳士服コーナーで小物を見てたら店員さん(女性)が夫のコーディネートにすごく感心してて、私に「ご主人すごくおしゃれで素敵ですね! 色遣いが素晴らしいです!」みたいなことを何回も言ってきたけど、本人に言ってあげて! と思った 言えばよかった

夫主体で商品見てたし夫にも接客してたけど褒めるときは私に言うのなんなん、本人に言ってあげて! (私がスタイリングしてるならともかく夫のコーディネートに私は関与してないので……)

しかしなんかこうあるのかもそういう百貨店の掟が…… 夫本人ではなく妻である私に褒め言葉をかけることで機嫌を損なわないようにしたり財布の紐をゆるめたりとか……知らんけど

最近ネットで目にする「車や家を買うときにメーカーの人間が夫だけに話しかけて妻を完全無視する問題」とも何か関連があるのかもしれん(そんなんあるん!? まじ?)

もしも自分が完全無視されたら意地でもその営業さんに話しかけまくってそれでも無視されたら「おまえなんなんさっきから無視すんなやあああ! 聞こえとんのかああああ?? 舐めとるんか!?」ってキレてみたいね(クソ客になるのかこれも)

舐められたら殺すメンタルなので……というか自分が店員だった時に客に散々暴力を振るわれたのでこの世は戦さ場やしつい暴力に訴えかけてしまうね 危ない危ない

投稿済 カテゴリー: diary

わりと調子いい日に、別に死にたくないのに無意識で「死にたい!!」って何回も叫んでてびっくりした

あと喜びや幸せを感じたときに「ア゛ア゛ア゛ア゛アァァ!!」みたいなめっちゃ汚い声が出る

投稿済 カテゴリー: diary

もう20年以上精神科に通ってんだよなあ……(最初の10年くらいはひたすら薬漬けのわりかし意味ないヤブ、そっから転院して10年が本当の戦い)

20年分の時間と手間と交通費と医療費と体力気力…… 考えると気が遠くなる

毎回行きたくない行きたくないって思うし通院日近くなると調子悪くなる(精神科診療自体が嫌なのではなく、通院ストレスがでかい)

なので病院のついでに百貨店や繁華街で遊ぼ♪ 色々お店みよ♪ って気分でいる とりあえず自分を労るために百貨店で昼食をとる

精神科行かないほうがいいとは思わないけど行かんで済むならそのほうが楽よ でも自己診断や放置は危険やし色々症状あるのに病院かからんで他人に迷惑かけまくっとるやつ大嫌い

投稿済 カテゴリー: diary